金利に魅力があるオリックス銀行カードローン

低金利で利用が出来ると評判になっているカードローンが、オリックス銀行カードローンです。限度額に応じて金利が設定されているため、大きな枠での契約が出来る方、まとまった金額の借り入れを考えている方に特に好評です。

 

 

限度額自体も最高で800万円と高い水準で、多くの用途に使えるのも魅力の一つです。通常のカードローンとしての利用のほかに、借り換えやおまとめローンといった他社からの乗り換えにもオリックス銀行カードローンの借り入れが利用できます。

 

ここでも限度額に応じた金利設定が優れ、特におまとめローンなどの大きな金額をオリックス銀行カードローンから借りる予定の場合には、元のキャッシングローンの利用と比べると、金利が大幅に下がる可能性があります。

 

また、金利の低下に伴い返済金額の減少にもつながりますので、今のままでも返済は出来る、それでも負担が大きくて何とかしたいと考える場合においても、オリックス銀行カードローンの利用は役立つのです。

 

借り換えにしてもおまとめにしても、または生活費などの生計費としてオリックス銀行カードローンを利用するとしても、まずは審査を受ける必要があります。オリックス銀行カードローンの審査に関する時間や基準、内容についてはオリックス銀行カードローンの審査の関係で詳しく書かれているので、見ておくと良いでしょう。

 

銀行系のカードローンの三つのメリット

銀行系のカードローンを利用するメリットは大きく分けて二つあります。

 

まず一つ目のメリットとしては、手軽にお金を借りることができるという点です。最近では、多くの銀行がカードローンのサービスを行っています。銀行口座を作ろうと思ったら、一緒にカードローンのサービスがついてきたということも少なくありません。口座を作るついでにカードローンの枠を持て、急な出費があったときに手軽に使えるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

 

二つ目のメリットとしては、お金は借りたいけども消費者金融のカードを持ちたくない人にも安心な点です。銀行系のカードなら何枚持っていたとしても、お金を借りているとはまったく思われません。お財布の中を偶然見られても恥ずかしい思いをしなくて済むので、安心してお金を借りることができます。

 

三つ目のメリットとしては、金利が低いという点です。消費者金融系のカードローンでは、金利が非常に高くなっていることが多いです。ですが銀行系ならば、審査は多少厳しいというデメリットはあっても、それだけ金利が安く利用できるので、支払いの金額に大きく差がつきます。ですので、お得に利用しようと思ったなら圧倒的に銀行系のカードローンがお得です。

 

返済を延滞してしまうとどうなるの

カードローンを利用している時、一度でも返済を延滞してしまうと、信用を落とすだけではなく契約しているキャシング会社から、再三の支払い催促の連絡が来るようになります。

 

まず、返済を延滞してから1~2日のうちに電話で状況確認と返済についての注意があり、ここですぐに入金すればそれ以降も問題なくカードローンの利用を続けることが出来ます。

 

しかし、再三の連絡を無視したり入金をしなかった場合には、実家や職場に連絡が来る事態へと発展してしまいます。このような対応が行われるのは、返済を延滞してから約1ヶ月が目安とされています。

 

つまり、返済を延滞しても1ヶ月の間で対処すれば問題はないのですが、1ヶ月を過ぎてしまうとカードローンの契約を解約されてしまいかねないという事です。もし実家や職場にキャッシング会社から連絡が来たら、すみやかに入金する旨を伝え、延滞についても謝罪しておきましょう。

 

一方で、このような延滞の事実はカードローンの審査に使われる個人信用情報機関に事故記録として掲載されます。事故記録には延滞した期間などについても細かく記載されるため、長期間延滞を続ける事はデメリットしかありません。

 

返済はきちんと行うのが一番ですが、万が一延滞をしてしまった場合は迅速に対応しましょう。

 

返済負担は軽くても遅れには注意する

いくら金利が低いオリックス銀行カードローンでも、返済が長期に渡って遅れるようなことがあると、遅延損害金によって負担が大きくなります。信用情報にもよくない結果となってしまいますので、返済は遅れないのが基本と考えてください。

 

もしオリックス銀行カードローン以外にも借り入れがあり、それぞれの返済先で金額や期日の確認によって遅れてしまうような場合には、一本化をするおまとめローンを考えると良いです。おまとめローンはオリックス銀行カードローンでも利用が出来ますので、詳しい使い方やメリットをカードローンをまとめるおまとめローンで見ておいてください。